【ビール腹の原因はビールではない!】ビール腹の原因と予防法!

今回は、男性がお酒を飲んでいたら一度は考えること、「ビール腹」の意外な事実とその危険性、予防法について紹介していきます!
 最近、お腹周りが気になってきた方や「ビール腹」を直したい方必見の記事になっています!

なぜお酒を飲むと太るのか?

ビール
 皆さんは「ビール腹」という言葉をよく聞くのではないでしょうか?ビールの多量摂取でお腹が出たときによく使われますが、「ビール腹」というのは実は、おつまみの種類、そしてアルコール摂取により肝臓などが膨張する現象が主な原因だと言われています。

「ビール腹」と食事によるお腹の出方の違い


 先ほど「ビール腹」の原因はビール自体が原因ではないと言いましたが、食事による太り方の違いはあるのでしょうか?

皮下脂肪型

食事によるお腹の出方は、皮下脂肪型肥満と呼ばれ、男性より女性によくみられ洋ナシのようなお腹の出方(下腹部から下半身にかけて大きい)をします!
 関節痛睡眠時無呼吸症候群などの原因になります!

内臓脂肪型

今回のテーマである「ビール腹」は内臓脂肪型肥満と呼ばれ、主に内臓脂肪が増加しおなかが出てしまうケースや、アルコール消化することで肝臓やほかの臓器などが大きくなることによって出てしまうケースがあり、リンゴのようなおなかの出方(お腹周りが大きい)をします。
 高血圧糖尿病高脂血症などの危険性があります!

予防法

飲んですぐの睡眠を控える


 人に限らず動物は睡眠時に、栄養素のほかに脂肪など様々なものを体に効率よく吸収しようとします!力士などは体を大きくするためにちゃんこ鍋を食べた後昼寝をしてるくらいで、控えると控えないとでは脂肪のつき方が変わってくるのです!

おつまみを選ぶ


 よくビールを飲む際に枝豆を頼む方が多いですが、これにも理由があり体の代謝を上げる効果があります!唐揚げやてんぷらなども美味しいですが、そこにサラダなどの野菜を取り入れるだけでかわってくるのです!

運動


 やはり脂肪、カロリーを消費するには運動は欠かせないものになります!
毎日の通勤や軽いウォーキングでもだいぶ効果があり、気に留めるだけで大きく違ってきます!

まとめ

 今回は男性がお酒を飲んでいたら一度は考えること、「ビール腹」の意外な事実とその危険性、予防法ついて紹介していきました!
 ぜひ飲み会やお酒を飲む際にこの記事を参考にしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
その他ビール一分で読める
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました