496|どんなクラフトビール?【産地や不思議な名前の意味も解説】

皆さん、「496(ヨンキューロク)」という不思議な名前を持つビールを聞いたことはありますか?
クラフトビール好きの方であれば、ひょっとすると目にしたり、耳にしたこともあるかもしれませんね!
この記事では、そんな不思議な名前を持つクラフトビール「496」の正体に迫っていきます!
味わいはもちろん、銘柄名の由来や、産地など基本的なことから、購入方法なども解説するので、ビール好きの方は必見です!

クラフトビール「496(ヨンキューロク)」とは?

「496」という謎めいた名前のビール。
まずはその正体について、基本的なことから、知って驚く豆知識など徹底的に解説していきます!

どこの国のビール?

「496」という名前からは、海外のビールなのか、国内のビールなのかも想像できませんよね…。
実は、「496」は半分は海外のビール、半分は国内のビールと言えます。
この意味を説明するには、少し過去に遡る必要があります。

「スプリングバレーブルワリー」の誕生

スプリングバレーブルワリー
参照;スプリングバレーブルワリー公式サイト

今からおよそ、150年前。
1870年に、開港間もない横浜へ一人のビール醸造家が降り立ちました。
そのビール醸造家とは、ノルウェー生まれ、アメリカ育ちの“ウイリアム・コープランド”
ビール醸造できる十分な環境がない中、多くの困難と共に彼のビール造りは始まりました。
「スプリングバレーブルワリー」の誕生です。

彼の造るビールは、横浜の地に住む外国人を中心に次第に人気が広まり、ついには日本人にも好まれるようになっていきました。
こうして日の目を見た「スプリングバレーブルワリー」は、“日本で初めて商業的な成功を納めたビール醸造所”と言われています。
他にも、彼は自分の庭を改造し日本初のビアガーデンをつくったりと日本のビール文化を築いていきました。

後に、その土地を現在のキリンビールが受け継ぎ、今に至ります。

「496(ヨンキューロク)」の誕生

496_ビール
参照;スプリングバレーブルワリー公式サイト

そして時は過ぎ2012年。
「脈々と受け継がれる日本のビール文化を、もっと面白くしたい」と、キリンビールから、とある3人のメンバーが立ち上がりました。
その後、”オンラインショップ限定”で試作品のビールを販売。

それらを飲んだ人がブルワリーに寄せた”多くの声”をもとに、2014年に、遂に6種類のクラフトビールが完成しました。
彼らの「お客様と一緒にビールを完成させたい」という想いが叶った瞬間でもあります。

海外のビール醸造が礎となり、それが日本で発展した末に誕生したのが、「496」なのです。

「496(ヨンキューロク)」に込められた意味とは…


参照;スプリングバレーブルワリー公式サイト

さて、そんな「496」ですが不思議な名前ですよね!
もちろんこの銘柄名には意味があります。
「496」とは完全数(パーフェクトナンバー)と言われる数字で、古代より「神」として崇められてきた数字とも言われています。
「パーフェクト」、「神に近づける」という意味から、このビールを命名したそうです。

完全数とは?
完全数とは、ある数の約数(その数自身は除く)を全て足すと、その数字と一緒になる数字のことです。
例えば、数字「6」の約数は、「1」「2」「3」「6」の4つです。
この4つの数字のうち、その数自身である「6」を除いた「1」「2」「3」を足すと「6」になります。
このような数を完全数といい、最小で「6」、その次は「28」…そして「496」と続いていきます。

「496(ヨンキューロク)」ができるまで(動画)

YouTubeでも、「496」の誕生秘話が紹介されているので、もっと詳しく知りたいという方は、この動画もみてみて下さいね!

「496」はどんな味わい?

ビアスタイルは”IPL”

「496」は、IPL(インディアン・ペール・ラガー)という少し変わったビアスタイルで、「飲みごたえのある苦味」「程よい甘味」「きれいな酸味」と、バランスのとれた味わいが特徴的なビールです。

評価や口コミ

実際に飲んだ人は、「柑橘類を思わせるフルーティーな香り」「濃厚だけどキレがある」「飲み飽きしない味わい」といった声でこのビールを表現しています!
ビール好きはもちろん、普段ビールを飲まない初心者の方でも楽しめるビールと言えそうですね!

Amazonなど通販で購入できるの?

最近では、多くのお酒が「Amazon」や「楽天」などの通販で購入することができます!
ですが、今回紹介した「496」はというと、実は「Amazon」などの通販では購入することができません…。
通販だと、キリンの公式オンラインサイト「DRINX」で購入することができます!
「496」を飲みたいという方は、クラフトビールバーなどのお店に飲みに行くか、「DRINX」で購入してみて下さいね!

まとめ

この記事では、クラフトビール「496」について、名前の意味や、どこの国で造られているのかなどを徹底的に解説しました!
「新次元のビール」として注目されているビールがこの「496」です!
ぜひこれを機会に、一度飲んでみて下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ビール
ノンべ管理人をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました