ワインの知識| 初心者こそ押さえておくべき、種類と飲み方の違い

この記事では、ワインの知識と称して「それぞれのワインの特徴や違い」、それぞれの「おすすめの飲み方」などを紹介します。
ワイン初心者の方であれば、必ず押さえておきたい知識ばかりなので、必見です!

ワインとは


お酒は大きく分けて4つの種類に分かれます。
その時に重要になってくるのが、下記のクエスチョンです!

Question
原材料は、穀物か果物か?
醸造酒、蒸留酒か?

全てのお酒は、この4象限で分類され、ワインは果物が原材料の醸造酒となります。

因みに、他のお酒はどのように分類されるかも下に記しているので、ぜひこの機会に覚えてみて下さいね!

 醸造酒蒸留酒
主に穀物などから作るビール
清酒など
ウィスキー
ウォッカ
ジン
焼酎など
主に果物などから作るワイン
シードルなど
ブランデー
カルヴァドス
キルシュワッサーなど

ワインの種類と特徴

赤ワインの特徴


赤ワインは、赤黒いような濃い色合いが特徴的なワインであり、黒ブドウを皮ごと潰して醸造し、熟成して造られます。
抗酸化物質であるポリフェノールも赤ワインには多く含まれています。
また、赤ワインには“タンニン”というワインの渋味を造る成分を多く含んでおり、複雑な味わいを持つのも赤ワインの特徴です!

白ワインの特徴


白ワインは、淡い色の「白ブドウ品種」から作られます。
赤ワインと違い、種や皮を抜いた状態で醸造されます。
白ワインの種類によっては、リンゴ、モモ、オレンジにそっくりな味になることも少なくなく、”タンニン”も少ないので飲みやすいというのが白ワインの特徴です!
そのため、初めてワインを飲む人なら、白ワインがおすすめです!

赤ワインとい白ワインの違い
黒ブドウで造られるか?白ブドウで造られるか?
皮ごと使って造られるか?果実だけで造られるか?

スパークリングワインの特徴


発泡ワインやスパークリングワインは気泡を伴ったワインのことを指します。
つまり、炭酸ガスの入ったワインのことです。
スパークリングも、その造られ方により数種類に分類されます。
例えば、瓶内発酵のために二酸化炭素が溶け込んでいるワイン、もしくは人工的に二酸化炭素を吹き込んだ炭酸ワインなどがあります。

シャンパンの特徴


シャンパンは、スパークリングワインというカテゴリーの中の一つの分類です。
フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのことを指し、この地方で造られた場合のみ、”シャンパン”という名前を使用することを許されています!

ワインのおすすめの飲み方

赤ワインの飲み方

赤ワインは温度を下げすぎると、酸味と渋みが強烈になってしまい美味しさを掻き消してしまうことがあり、逆に温度を上げすぎたら甘ったるい印象になってしまいます。
そのため、赤ワインは15度から18度程度の常温で飲むことがおすすめです!
口当たりがまろやかになり、香りや味わいにも複雑性が増し、いわゆる”飲みごろ”の状態になります。

POINT
赤ワインは15~18℃の常温で飲むのがおすすめ!

白ワインの飲み方

白ワインのもつ酸味は温度によって活躍度がぐっと変わってきます。
低い温度であれば酸が引き締まり美味しくいただくことができますが、その一方で冷やしすぎると味全体がぼやけて感じられにくくなります。
そのため、特に白ワインは種類によって、飲む温度を変えていく必要があります。
下記の①~③のポイントを抑えて白ワインを飲みましょう!

POINT
甘口白ワインは5~8℃
辛口白ワインは7~12℃
コクのある辛口白ワインは10~14℃

スパークリングワインやシャンパンの飲み方

シャンパンやスパークリングワインは、その発泡性を生かすために、よく冷やしてから飲みましょう!
仮に、温度が高いと二酸化炭素が膨張して抜栓時にその圧力で中味が噴き出したり、ガスが抜けてワインの風味が落ちてしまいます。
下記のように、味わいによって多少温度を変えて飲んでみて下さいね!

POINT
甘口のスパークリングワイン/シャンパンは4℃
辛口のスパークリングワイン/シャンパンは6~8℃

まとめ

この記事では、それぞれの特徴やおすすめの飲み方など、「ワインの基本的な知識」について紹介しました!
ワインは知識をつければつけるほど、楽しめる飲み物です!
ぜひ、この記事を機会にもっとワインのあれこれを勉強してみて下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ワイン
ノンべ管理人をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました