【麦焼酎の概念を破る】麹屋伝兵衛とはどんな焼酎?おすすめ飲み方も

この記事では、「麦焼酎の概念を破る」をキャッチコピーに麦焼酎好きを魅了する銘酒「麹屋伝兵衛」について紹介します!
一度聞いたら忘れないキャッチコピーを持つ「麹屋伝兵衛」ですがどんな麦焼酎なのでしょうか?

麹屋伝兵衛はどんな焼酎!?

「麹屋伝兵衛」の読み方は?

多くの方から人気を博している麦焼酎「麹屋伝兵衛」ですが、銘柄そのものの漢字が難解で読めない方も多いようです。そこでまず最初に「麹屋伝兵衛」の読み方を紹介します。「麹屋伝兵衛」と書いて「こうじやでんべえ」と読みます。ぜひ覚えてくださいね!

「麹屋伝兵衛」の特徴

さて、「麹屋伝兵衛」とは老松酒造が造る麦焼酎の銘柄で、麦焼酎好きの方なら一度は聞いたことがあると言う人も多いのはないでしょうか。
「麹屋伝兵衛」は、知る人ぞ知る麦焼酎の銘酒で、実は2014年~2018年まで5年連続でモンドセレクション最高金賞を受賞しています。
そんな麦焼酎「麹屋伝兵衛」の特徴はなんといっても41度という高いアルコール度数です!
焼酎の銘柄にもよりけりですが、普通は25度前後のアルコール度数の焼酎がほとんどです。
そんな中「麹屋伝兵衛」は41度と極めて高いアルコール度数を持っており、その上、公式で「オンザロック専用焼酎」と位置付けられています。

「麹屋伝兵衛」を造る老松酒造とは?


「麹屋伝兵衛」を造る老松酒造(おいまつしゅぞう)は1789年に創業した老舗の酒造です。
老松酒造は、大分県日田市で酒造りをしており、「麹屋伝兵衛」の他にも麦焼酎である「閻魔(えんま)」といった代表銘柄があります。閻魔(えんま)シリーズも非常に人気を博している商品で、中には9年連続でモンドセレクション最高金賞を受賞している商品もあります。
そんな老松酒造のコンセプトは「世界が『あっ』という焼酎をつくる。」で、製造工程はもちろん、原料にもこだわりコンセプト通りに、世界を・焼酎好きを驚かせ続けているのです。

「麹屋伝兵衛」の味わい

アルコール度数は41度と極めて高く、公式でオンザロック専用焼酎と位置付けられている「麹屋伝兵衛」とはどのような味わいなのでしょうか?
「麹屋伝兵衛」は麦焼酎ですが、ウイスキーに近い味わいと言えます。
アルコール度数が41度もあるので、当然と言えば当然の気もしますが、単にウイスキーみたいな焼酎という訳ではありません。
「麹屋伝兵衛」は高いアルコール度数ながらも、樽で長期熟成させているため、まろやかな口当たりを持っており、麦焼酎の旨み・甘みもしっかりと持っています。

おすすめの飲み方は?


「麹屋伝兵衛」のおすすめの飲み方はもちろんロックです。
「オンザロック専用焼酎」と位置付けられているだけあって、味わいを最大限に楽しむことができます。
キャッチコピー通り、麦焼酎の概念を破ってくれる銘酒です。
また、「麹屋伝兵衛」はボトルも非常にお洒落で、プレゼント用にも最適です。
麦焼酎好きの人、普段から焼酎をロックで飲んでいる人にぜひプレゼントしてあげたいですね!

麦焼酎「麹屋伝兵衛」を買う

老松酒造 長期貯蔵麦焼酎 麹屋伝兵衛 720ml 41度 【化粧箱付き】




麦焼酎の概念を破るお酒

「麹屋伝兵衛」は、老松酒造が造る麦焼酎です。
「麦焼酎の概念を破る」というキャッチコピーのもと造られており、度数は41度と、他の焼酎よりもアルコール度数が高いのが特徴です。
ウイスキーに近い味わいをしている一方で、長期貯蔵された焼酎のため、角が取れた、丸みのある味わいを持っています。
「思わず飲み続けてしまう」そんな麦焼酎です。

種類 麦焼酎
原材料 麦・麦麹
アルコール度数 41℃
使用麹 白麹
香りの強さ 4 out of 5 stars (4 / 5)
飲みやすさ 4 out of 5 stars (4 / 5)
総合評価 4 out of 5 stars (4 / 5)

まとめ

この記事では、老松酒造が造る麦焼酎「麹屋伝兵衛」の味わいや、おすすめの飲み方を紹介しました。
まさに、キャッチコピーの「麦焼酎の概念を破る」を実現してくれた焼酎です!
ぜひ、一度は飲んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
焼酎
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました