【飲み方や価格も解説】赤兎馬の種類と人気おすすめ4選

お酒好きなら「赤兎馬(せきとば)」という焼酎を一度は見たり、聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?
そう言えるほどまでに、今では「赤兎馬」は焼酎を代表する銘柄となっています。
そこで、この記事では「赤兎馬」がどんな焼酎なのかを味わい、評価から解説するとともに、「赤兎馬」シリーズおすすめ4選を紹介します!
「赤兎馬」を飲んだことはあるけどよく知らない!
「赤兎馬」を一度は飲んでみたい!という方は必見です!
ますます「赤兎馬」に惹かれて虜になること間違いなしです!

「赤兎馬」の特徴

「赤兎馬」は鹿児島県の濱田酒造生まれ

実は「赤兎馬(せきとば)」は九州地方の鹿児島県で酒造りをする濱田酒造が発祥です。今でこそ全国で見かけますが、「赤兎馬」は日本の端っこから上京してきたのです!

鹿児島県の特産品といえば本格芋焼酎ですね。そして本格芋焼酎である「赤兎馬」もその例から漏れることなく、焼酎好きから愛される焼酎となっていったのです。

九州地方限定の焼酎

鹿児島県の濱田酒造で造られた「赤兎馬」ですが、最初は九州地方限定の焼酎でした。九州の居酒屋が濱田酒造に頼んで造ったプライベートブランドだったからです。
しかし、口コミというのは凄いもので、瞬く間に“隠れた美味しい焼酎”として全国にその名を轟かせたのです。

本格芋焼酎「赤兎馬」は素材の旨み

焼酎には、「本格焼酎」と「混和焼酎」の2種類があります。
「本格焼酎」は日本古来の伝統的な造り方で製造され、芋や麦といった原料の風味・香りが色濃く残ります。
素材の旨さをそのまま感じることができる焼酎が「本格焼酎」です。

もちろん「赤兎馬」は本格芋焼酎です!
原材料には、鹿児島県産のサツマイモである「黄金千貫(こがねせんがん)」、仕込み水にはシラス台地で自然ろ過された地下水を使用しています。
「赤兎馬」は鹿児島の自然の中で育まれた、唯一無二の素材の旨みをそのまま楽しめるお酒なのです!

「赤兎馬」の香りや味わいがある

「赤兎馬」は時間をかけてゆっくりと熟成させます。そのため、香り、味わいともにまろやかに仕上がり、喉ごしも柔らかいのでついつい飲み続けてしまう焼酎です。
また、芋焼酎特有の香りではなく、まるで洋酒のようなフルーティーな香りを持っているので芋焼酎が苦手な方にも抵抗なく飲んでいただけます!

「赤兎馬」のおすすめの飲み方

「赤兎馬」をロックでの飲む

「赤兎馬」はアルコール度数25度とそこまで高くない焼酎です。
「せっかくの本格芋焼酎なので素材の味を楽しみたい!」という方はぜひロックで飲の事がおすすめです。
コクがありながらもその中にある優しい味わいを感じられるのでおすすめです

「赤兎馬」を水割りで飲む

芋焼酎に苦手意識がある方だったり、初めて芋焼酎を飲むという方には水割りがおすすめです!
水割りにすることで、ほのかに香る甘い香り、まろやかな味わいを存分にを楽しむことができます!

赤兎馬の人気おすすめ4選

濱田酒造 赤兎馬 柚子酒 720ml


【商品紹介】
「赤兎馬」は芋焼酎だけではありません。
この「赤兎馬 柚子酒」は通常の赤兎馬で仕込んだ柚子酒です。鹿児島県産の柚子を使っており、もちろん素材にこだわっています!
赤兎馬のコク、柚子の柑橘系の持つ酸味はベストマッチです!ぜひ一度はお試し下さい!

濱田酒造 本格 芋焼酎 赤兎馬 紫 1800ml 【限定】

【商品紹介】
通常の赤兎馬で使用される、サツマイモ『黄金千貫』と紫芋である『頴娃紫芋(えいむらさきいも)』をブレンドして造られた赤兎馬が「紫の赤兎馬」です。
赤兎馬のコクのある深い味わいを残しながらも、紫芋の持つ甘さが絶妙なバランスでハマっています!
初めて芋焼酎を飲む、芋焼酎が苦手という方は「紫の赤兎馬」から飲み始めるとお気に入りになること間違いなしです!

濱田酒造 本格 芋焼酎 赤兎馬 ブルー 1800ml 【限定】


【商品紹介】
この濱田酒造の「ブルーの赤兎馬 夏ボトル」は、アルコール度数20度と通常の赤兎馬よりも低めです。
夏ボトルと名乗るだけあって、夏にぴったりの焼酎となっています!
フルーティーな香り、爽やかな味わいで、冷やしてロックで飲むのがおすすめです!
暑い夏にはこの「赤兎馬」で間違いなしです!

濱田酒造 本格 芋焼酎 赤兎馬 1800ml

【商品紹介】
この濱田酒造の「赤兎馬」は、鹿児島県産のサツマイモである「黄金千貫(こがねせんがん)」を使用した本格芋焼酎です。
洋酒のようなフルーティーな香り、サツマイモの旨み、甘みが特徴です。
喉ごしが柔らかいので初めて飲む人にもおすすめできる焼酎です。

まとめ

この記事では、お酒好きにはぜひ一度は飲んでほしい本格芋焼酎「赤兎馬」について紹介しました!
味わいは流石なもので、価格をとってもおすすめできる焼酎です!
普段飲みはもちろん、季節に合わせて限定の「赤兎馬」を飲むのもいいですね!
最近では居酒屋でも「赤兎馬」を置いている店は増えてきましたし、720mlの小さいサイズもあるのでお試し下さい!
きっとハマりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
焼酎
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました