【種類や特徴を徹底解説!】コエド(小江戸)ビールの人気おすすめ6選

この記事ではコエド(小江戸)ビールの種類と特徴を解説し、それぞれの人気おすすめを6選紹介します。

コエドビールとは

コエドとは「小江戸」と言われ、日本とドイツの技術が融合した埼玉県川越市で作られているビールです。
コエドビールの特徴はドイツの醸造技術を取り入れていること。
この技術と日本の技術を融合して製造されたコエドビールの「紅赤」はヨーロピアンビアスターでゴールドメダルを受賞しました。

コエド(小江戸)ビールの種類とおすすめ

コエド(小江戸)ビール 紅赤

  • 原材料麦芽、さつま芋、ホップ
  • メーカー コエドブルワリー
  • スタイルオリジナル・エール
  • アルコール度数7%

【商品紹介】
コエド(小江戸)ビールの紅赤のベースとなってるのは、エールタイプのビールです。
そのビールに川越のさつまいもを加えて製造されていて、2010年米国で開催されたワールドビアカップでも入賞経験をもつ完成度の高いクラフトビールです。
味は爽やかで心地良い甘見を堪能できます。

コエド(小江戸)ビール 漆黒

  • 原材料麦芽、ホップ
  • メーカー コエドブルワリー
  • スタイルブラック・ラガー
  • アルコール度数5%

【商品紹介】
コエド(小江戸)ビールの漆黒は色合いはほぼ黒です。
ドイツの伝統的なビールであるシュバルツというタイプでできています。
味は最も濃厚でロースト麦芽で風味を堪能できます。

コエド(小江戸)ビール 瑠璃

  • 原材料麦芽、ホップ
  • メーカー コエドブルワリー
  • スタイルピルス
  • アルコール度数5%

【商品紹介】
コエド(小江戸)ビールの瑠璃は一番爽やかなビールで世界中で最も飲まれているピルスナーの製造方法で作られています。
味はコエドの中で一番飲みやすいビールです。

コエド(小江戸)ビール 白

  • 原材料麦芽、ホップ
  • メーカー コエドブルワリー
  • スタイルへフェ・ヴァイツェン
  • アルコール度数5.5%

【商品紹介】
コエド(小江戸)ビールの白は南ドイツの伝統的なヴァイツェンというビアスタイルで製造されています。
一般的なビールとはことなり小麦を多用することから、白濁したクリーミーな味わいです。

コエド(小江戸)ビール 毬花

  • 原材料麦芽、ホップ
  • メーカー コエドブルワリー
  • スタイルIPA
  • アルコール度数4.5%

【商品紹介】
コエド(小江戸)ビールの毬花(まりはな)とは日本語でホップの花を意味する言葉です。
世界的に人気のIPAをややアルコールを抑え、飲みやすく日本人好みに製造されているため、
南国の果実を感じられ、華やかな風味を堪能できます。

コエド(小江戸)ビール 伽羅

  • 原材料麦芽、ホップ
  • メーカー/span> コエドブルワリー
  • スタイルインディア・ペール・ラガー
  • アルコール度数5.5%

【商品紹介】
コエド(小江戸)ビールの伽羅は原料に6種類のモルトを使うことによって、甘み、深み、香ばしさを混在させ、飲みごたえのあるテイストに製造されています。
すっきりとした味わいで、スムーズに飲めます。

コエド(小江戸)ビール飲み比べセット6種


出典:item.rakuten.co.jp
楽天市場で詳細を見る

まとめ

この記事ではコエド(小江戸)ビールの種類と特徴を解説し、それぞれの人気おすすめを紹介しました。
自分の好みに合うコエド(小江戸)ビールを見つけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ビール
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました