祝い酒とは?送るときのマナーと縁起の良いおすすめ日本銘柄9選

この記事では、「祝い酒」とはなんなのか、正月や結婚祝いなど、おめでたい日に飲みたい「縁起の良いおすすめ日本酒銘柄9選」を紹介します!
送るときに気をつけたいマナーなども紹介するので、祝い酒の購入を考えている初心者の方は必見です!

そもそも祝い酒とは?

皆さん、「祝い酒」という言葉を聞いたことがありますか?
「祝い酒」とはその名の通り、おめでたい日に飲む祝いのお酒のことです。
普通、祝い酒では日本酒が飲まれることが多いです。

祝い酒ではNG!【送るときに気をつけたい最低限のマナー】

相手の好みのお酒を選ぶ

先ほど、「普通、祝い酒は日本酒」と書きましたが、送る相手が日本酒を飲めなければ、せっかく送ってもしょうがありません。
まず最初に、送る相手が好きなお酒をしっかりリサーチして送りましょう!

送る本数に気をつける

昔から日本酒は、お祝いの日の贈答品に使われてきました。
その長い歴史の中で、相手に送る”日本酒の本数”にもマナーが生まれました。

日本酒を2本送る


送るのに、一番良いとされている本数は、2本です。
かつては日本酒を、一升の角樽に入れて持っていく、送るのが普通だったようです。
現在では、日本酒の瓶を2本紐でくくると、その角樽にシルエットが似ているということで一般的になっています。

日本酒を1本送る

最近では、時代の変化もあり、なかなか形式ばった祝い事をする機会も減りました。
目上の方や、しっかりとした場では気をつける必要がありますが、気のしれた関係の方に送るのであれば、1本でも全然大丈夫です。
祝い酒にしろなんにしろ、「めでたい日を一緒に祝ってあげる」その気持ちを込めて送ることが大切です。

送るのに適していない日本酒の本数


ここで抑えておきたいNGマナーがあります。それはあまり送るのに適していない本数があるということです。
一般的に、奇数(3本,5本,7本)といった本数がおめでたい日に良いとされています。
一方で偶数の本数は良くないとされています。
ただ例外もあり、先ほど紹介した2本や、末広がりという意味をもつ8本は良しとされています。
また、4本は「死」、9本は「苦」という風に捉える見方もあるのでやめておいたほうが無難でしょう。

マナーに気をつけたい!送る日本酒のまとめ

①まずは大前提に、送る相手が日本酒を好きなのかをリサーチする
②送る本数に気をつける

1本,2本,3本,5本,7本などの、基本的には奇数の本数を送るのが無難

正月や結婚祝いなどののhの日に飲みたい!縁起の良いおすすめ日本酒銘柄9選

土井酒造 『開運』

  • 種類特別純米酒
  • 原材料山田錦
  • 精米歩合55%
  • アルコール度数15度
  • 酸度
  • 日本酒度

【商品紹介】
『開運』と年初めにぴったりな、縁起のよい名前の日本酒です。
名古屋国税局東海清酒鑑評会で優等賞も受賞しており、味にも自信のある辛口の日本酒です。

元祖・金持本舗 『金持酒』

  • 種類特別純米酒
  • 原材料八反錦
  • 精米歩合60%
  • アルコール度数15度
  • 酸度1.6
  • 日本酒度+5

【商品紹介】
『金持酒』は、決して大きい酒造ではありませんが、金持本舗の代表銘柄の日本酒です。
金箔入りで、飲んでも、眺めても楽しめる縁起のよい日本酒です。
特別な日の祝い酒にぴったりです。

招徳酒造 『延寿千年』

  • 種類純米大吟醸酒
  • 原材料山田錦
  • 精米歩合45%
  • アルコール度数15度
  • 酸度1.4
  • 日本酒度+3

【商品紹介】
『延寿専念』という、いかにも飲んだら長生きできそうな名前の日本酒です。
華やかな上品な香り、フルーティーな味わいはどんな人でも楽しめ、長寿の祝いなどの祝い酒にぴったりの日本酒です。

鈴木酒造 『一生幸福』

  • 種類大吟醸
  • 原材料山田錦
  • 精米歩合35%
  • アルコール度数16度
  • 酸度1.4
  • 日本酒度+4

【商品紹介】
『一生幸福』は、鈴木酒造が造る自慢の日本酒です。
年中通して祝い酒として飲むのにふさわしい、縁起のよい名前の日本酒です。
豊かな香り、飲み飽きしない味わいも人気の理由の一つです。

株式会社福来 『福来』

  • 種類純米大吟醸
  • 原材料吟ぎんが
  • 精米歩合50%
  • アルコール度数15〜16度
  • 酸度
  • 日本酒度+1

【商品紹介】
『来福』は、贈り物にぴったりの名前の日本酒です。
さらったと飲みやすい日本酒でもらった人も喜んでくれること間違いなしです!

来福酒造 『来福』 別誂 愛山

  • 種類純米大吟醸酒
  • 原材料
  • 精米歩合29%
  • アルコール度数16度
  • 酸度1.3
  • 日本酒度+2

【商品紹介】
『来福』もまた、幸福が訪れそうな縁起のよい名前の日本酒です。
幻の酒造好適米「愛山」を29%まで磨いて造られた日本酒で、上品な香り、米の旨みが最大限に楽しめる、味にも特にこだわった実力派の祝い酒です。

板倉酒造 『出雲国七福神』

  • 種類
  • 原材料五百万石・神の舞
  • 精米歩合65%
  • アルコール度数15〜16度
  • 酸度1.9
  • 日本酒度+5

【商品紹介】
島根県産の酒造好適米を使用した日本酒です。
出雲地方で開運招福の祈願を受けておりまさに縁起のよい日本酒です。
ラベルには可愛い七福神のイラストが描かれており、プレゼントにはぴったりです。

羽田酒造 『初日の出』

  • 種類大吟醸
  • 原材料京都産祝米(自社田米含)
  • 精米歩合40%
  • アルコール度数16度
  • 酸度1.2
  • 日本酒度+2

【商品紹介】
お正月にぴったりの日本酒です。その名も『初日の出』。
華やかな吟醸香、上品な味わいが特徴です。
年末、年明けの祝い酒には活躍すること間違いなしです。

浜松酒造 『出世城』

  • 種類純米大吟醸
  • 原材料山田錦
  • 精米歩合45%
  • アルコール度数16〜17度
  • 酸度1.2
  • 日本酒度+1

【商品紹介】
お父さんや、彼氏に送るのにぴったりの日本酒が『出世城』です。
励ますのに送るのによし、出世祝いに一緒に飲むのもよしの非常におめでたい日本酒です。

まとめ

この記事ではおめでたいに飲みたい「祝い酒」についてと、縁起の良いおすすめ銘柄9選を紹介しました。
送る際には、マナーなどにも気をつけて送ることができればなお良しなのでぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
日本酒
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました