プレミア芋焼酎3Mの一つ「魔王」が人気を誇り続けるそのわけとは

芋焼酎魔王

焼酎界で圧倒的な人気を誇る芋焼酎その名も「魔王」
手に入れるのも一苦労で、通販では通常の3倍の値がつけられる程人気なプレミア焼酎です。

プレミア焼酎のなかでも特に有名な銘柄「村尾」「森伊蔵」と並び、3つの頭文字をとって3Mと呼ばれています。

この記事ではそんな焼酎界のトップ「魔王」について紹介します。

芋焼酎界に革命をもたらした「魔王」

魔王が人気の理由。それは当然ほかの芋焼酎とは違うおいしさにあります。

魔王の最大の特徴は飲みやすさです。
それまでの芋焼酎は独特の臭みがあり、クセのつよさが苦手という人が多く、「おじさんの飲むお酒」と言われ続けていました。
そこに革命をもたらしたのが「魔王」です。
芋焼酎の臭みがないどころか、華やかでフルーティな香りが特徴。
味わいもほんのり穏やかな甘さで、アルコール感がなく水のように抵抗なく飲めることから、女性層からも支持を得てその名が知れ渡るころにはすでに他の焼酎より高い値がついていました。

「魔王」の香りの秘密は麹にあり

焼酎につかわれる麹には主に黒、白、黄の3種類があるのですが、芋焼酎の場合は骨太で力強い味わいになる黒麹が主流です。

しかし魔王には黄麹が使われています。
黄麹は日本酒にも使われる麹で、この麹のおかげで芋焼酎独特の臭みが日本酒のような華やかでフルーティーな香りになります。

そしてもう一つの秘密は熟成です。

黄麹でつくられたフルーティーな魔王は熟成させることによって嫌味が消え、穏やかな甘味へと変化していきます。
このこだわりの製法があってこそ、女性にも飲みやすい魔王が誕生しました。

白玉醸造について

1912年創業の白玉醸造は鹿児島県にある魔王の製造元です。
魔王以外の代表銘柄には「白玉の露」「天誅」「元老院」などの焼酎があります。焼酎好きの方なら一度は聞いたことがある銘柄ばかり。

2000年ごろに起きた第三次焼酎ブームと呼ばれる波に乗ったことで、魔王がブレイクし、その名を全国へとどろかせる事となりました。

【芋焼酎】魔王


価格 3,650円(税込)/8,139円(税込) 産地 鹿児島県
種類 芋焼酎 原材料 黄金千貫
黄麹 蒸留方法 減圧蒸留
アルコール度数 25度

【商品紹介】
芋焼酎をつくるのに最適なサツマイモ「黄金千貫」を使用。
黄麹で仕込み、減圧蒸留によって、香りが良く、すっきり癖のない風味に仕上がっています。

芋焼酎独特の臭みがなくソフトな味わいで、女性や焼酎ビギナーの方にもとても人気。

また熟成することにより、角が取れまろやかでコク深い甘みを堪能することができます。

まとめ

洋酒は熟成させるとき樽から水分やアルコールが蒸発して少しずつ量が減っていきますが、この減った分のお酒を「天使の分け前」と呼びます。
「魔王」というとなんだか怖い名前ですが熟成させることから「天使を誘惑し魔界にもたらされた最高のお酒」という意味が込められています。
焼酎好きなら3Mは一度は味わっておきたい銘酒です。まずは手始めに「魔王」に誘惑されてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
焼酎
ノンべ管理人をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました