焼酎の基本とお酒好きが選ぶ人気銘柄ランキング10選を解説!

初心者はもちろん、焼酎好きも必見!!
この記事では、焼酎好きが選ぶ人気銘柄ランキング10選と、焼酎の基本を解説します!
ぜひ参考にしてみてください!

そもそも焼酎とは??日本酒との違いから理解する!

日本酒とは、醸造酒のことで、アルコール度数は約15%が一般的です。
一方で、焼酎は蒸留酒のことを指し、アルコール度数は約20~30%と高めになります。

醸造酒とは

穀物や果実を醸造して造るお酒のことを言います。原料に対して麹菌や酵母を使いアルコール発酵させることでつくられるお酒です。
簡単にわかりやすく言えば、「米を発酵されせば日本酒に、麦芽を発酵させればビールに、ブドウを発酵させればワインになる」ということになります。

蒸留酒とは

醸造されたお酒をさらに蒸留したお酒のことです。
原料をアルコール発酵させて造った醸造酒に、今度は熱を加えて気化させます。それを冷やすことで再び液体に戻すことで、さらにアルコール度数の高いお酒が出来上がります。これが蒸留酒です。
簡単に言うと、「日本酒を蒸留すると焼酎に、ビールを蒸留するとウイスキーに、ワインを蒸留するとブランデーになる」ということになります。

焼酎の種類!甲類、乙類とは?

種類 定義 アルコール度数
甲類 連続蒸留機による蒸留 36%未満
乙類 単式蒸留機による蒸留 45%以下

甲類、乙類とは優劣を決めるものではなく製法を分ける言葉です。

甲類とは?その特徴

甲類は連続式蒸留機を使用した純度の高いアルコールを水で薄め、酒税法で規定する基準値(アルコール分36%未満)をクリアした焼酎です。
新式焼酎とも呼ばれます。
焼酎独特の匂いも弱く、口当たりもサッパリとしているため、果汁や炭酸で割ったサワーや酎ハイなどで飲まれることが多いです。

乙類とは?その特徴

乙類は単式蒸留機を使用し、酒税法で規定する基準値(アルコール分45%以下)をクリアした焼酎です。
旧式焼酎とも呼ばれる古くからの伝統的な焼酎です。
香りの高さと味わいの深さが特徴で、芋,麦,米などが持つ素材の旨みを存分に引き出すようにつくられています。

オーソドックスな焼酎3種類の特徴「米・麦・芋」

米焼酎

米焼酎は、すっきりとした味わいが特徴です。
その理由は、原料を糖化させるために使われる麹も含めて、原材料は全てお米といった素材がシンプルなところにあります。
米焼酎は米と水だけで造られたお酒だからシンプルな味わいなのです。

麦焼酎

麦はお酒の原材料として幅広く使用されていて、ウイスキーやジン、ウォッカなどにも麦が使われています。
麦を使った焼酎は、香りにクセがなく飲みやすいので初心者におすすめです。

芋焼酎

芋焼酎の味は一言で言うと「芳醇な甘みのある香り」が特徴です。
糖度が高い野菜である、さつまいもを使用しているので、甘い香りが強く残ります。
使う品種によってはフルーティーな味わいを楽しむこともでき、お酒好きにはたまらない焼酎になります。

【超定番】とりあえず飲みたい!焼酎人気銘柄ランキング10選

10位.霧島酒造 赤霧島

¥1,258(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥1,046(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類芋焼酎
  • 産地宮崎県
  • 原材料さつまいも(ムラサキマサリ)
  • 白麹
  • 蒸留方法常圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
「赤霧島」は、ワインのような香りを持っているのが特徴です。
良い意味で「芋焼酎らしくない赤霧島」は、特に女性や芋焼酎が苦手だった人に飲んでもらいたい焼酎です。

9位.甲斐商店 伊佐美

¥3,500(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥2,698(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類芋焼酎
  • 産地鹿児島県
  • 原材料さつま芋、米麹
  • 黒麹
  • 蒸留方法常圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
飲み口はとてもすっきりとしていますが、味わってみてると意外と味がしっかりとしています。
芋焼酎らしい甘ったるさも少ないので、香りや骨太な味わいを求めている方にはとてもおすすめできる焼酎です。
ロックやお湯割で飲むのがおすすめです。

8位.霧島酒造 吉助〈赤〉

¥1,665(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥1,680(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類芋焼酎
  • 産地宮崎県
  • 原材料さつまいも(ムラサキマサリ)、芋麹
  • 白麹
  • 蒸留方法常圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
霧島が提案するプレミアム。」「どこにもなかった焼酎をつくれ。」その号令のもと生まれた芋焼酎がこの吉助です。
「吉助」は米麹ではなく、芋麹で仕込んだ焼酎で、芋本来の味わいがさらにひきたつ逸品です。

7位.濵田酒造 紫の赤兎馬

¥1,920(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥1,430(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類芋焼酎
  • 産地鹿児島県
  • 原材料さつまいも(黄金千貫、綾紫)、米麹
  • 白麹
  • 蒸留方法蒸留ブレンド
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
限定した酒屋さんのみで取り扱いを行い、希少価値も高い赤兎馬です。
爽やかな芋の香り、まるでワインのような風味が特徴です。
甘い口当たりで飲みやすく、芋感もしっかりとあるので、お酒好きの女性には特におすすすめです。

6位.黒木本店 大麦焼酎 中々

¥1,808(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥1,379(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類麦焼酎
  • 産地宮崎県
  • 原材料大麦(二条大麦 ニシノホシ)、麦麹
  • 白麹
  • 蒸留方法減圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
昔ながらの、甕で仕込んだ焼酎で、雑味が全くなく、スッキリとした飲み口が特徴です。
上品で香ばしく、程よく軽い爽やかな味わいですが、麦の優しい香りとしっかりとしたコクを感じます。
焼酎初心者の方にもおすすめできる一品で、食中酒としても、十分楽しめる焼酎です。

5位.光武酒造 魔界への誘い

¥1,686(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥1,079(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類芋焼酎
  • 産地佐賀県
  • 原材料さつまいも(黄金千貫)、米麹
  • 黒麹
  • 蒸留方法常圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
モンドセレクション最高金賞受賞、全国酒類コンクール芋焼酎部門第一位グランプリ受賞などの輝かしい受賞歴を持つ芋焼酎です。
素材や、蒸留にこだわっており、まろやかな香りと味わいが特徴です。

4位.重家酒造 ちんぐ

¥1,224(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥1,133(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類麦焼酎
  • 産地長崎県
  • 原材料大麦、米麹
  • 白麹
  • 蒸留方法蒸留ブレンド
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
壱岐焼酎と言えば「ちんぐ」と言われるくらい有名で人気のある銘柄です。
麦の香りを強調しながらも淡麗な味わいで米麹の甘みもしっかりと感じることのできる味わいです。
麦と米麹をスッキリと味わえるロックや水割りで飲むのがおすすめです。

3位.白玉醸造 魔王

¥4,650(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥5,183(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類芋焼酎
  • 産地鹿児島県
  • 原材料さつまいも(黄金千貫)、米麹
  • 黄麹
  • 蒸留方法減圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
「魔王」は、芋焼酎独特の香りが少なく、フルーティーで華やかな香りが特徴です。
味わいも穏やかで、芋焼酎らしからぬ味わいは、焼酎自体が苦手だという方もおすすめできます。

2位.吟香 鳥飼

¥2,214(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥2,160(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類米焼酎
  • 産地熊本県
  • 原材料米(山田錦)、米麹
  • 黄麹
  • 蒸留方法減圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
発売当初よりモンドセレクション受賞をしたりなど実力派の米焼酎です。
芳醇な香り、米の甘み、すっきりとした後味が特徴です。
初心者でも間違いなく楽しめる飲みやすい一本です。

1位.かめ壺焼酎 森伊蔵

¥17,060(税込)
アマゾンで詳細を見る

¥15,120(税込)
楽天市場で詳細を見る

  • 種類芋焼酎
  • 産地鹿児島県
  • 原材料さつまいも、米麹
  • 白麹
  • 蒸留方法常圧蒸留
  • アルコール度数25度

【商品紹介】
心地の良い甘い香り、なめらかな口当たりが人気の芋焼酎です。
すっきりとした味わいにも関わらず、しっかりとした後味が残るのも特徴です。
焼酎好きなら一度は飲んでおきたいおすすめの一本です。

まとめ

この記事では、焼酎の基本と、人気銘柄ランキング10選を解説しました!
ぜひ全種類飲んでみてお気に入りの焼酎を見つけてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
焼酎
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました