日本酒と焼酎の中間?酒粕で造る焼酎「七田」と人気シリーズ4選

この記事では、知る人ぞ知る米焼酎の銘酒「七田」について紹介します。
銘酒「七田」を造っている天山酒造と、天山酒造が造る「七田」シリーズについても詳しく紹介するのでぜひご覧ください!!

「七田」を造る天山酒造について

天山酒造の前進は1861年(文久元年)に現在の地佐賀県小城市で始めた水車業です。
その後、1875年(明治8年)に酒造りを始めました。
蔵元のこだわりはなんといっても原料にあります。
酒造好適米である「山田錦」を自分たちで栽培し、天山山系の水を集める清流である祇園川の水を使いお酒造りを行っています。
天山酒造が造るお酒は「七田 純米焼酎」をはじめとしどれも銘酒で、多くのメディアに取り上げらるなどお酒好きから絶賛され続けています。

「七田」は日本酒の酒粕などから造られる!?

日本酒製造を主に行っている天山酒造ですが、本格焼酎「七田 純米焼酎」は、知る人ぞ知る美味しい焼酎として今では焼酎を代表する銘柄となっています。
そんな「七田 純米焼酎」ですが、実は清酒醸造で使われる黄麹と吟醸酵母を使用して造られており、焼酎と日本酒の中間的な味わいで、焼酎が苦手な方や女性にも人気を博しています。
また同じ銘柄である「七田 吟醸酒粕焼酎」は名前の通り、大吟醸酒粕と純米吟醸酒粕を使用して造られています。
日本酒と焼酎の良いとこ取りをした「七田」シリーズは焼酎好きにはもちろん、焼酎が苦手な方にもおすすめできる銘酒なのです。

銘柄「七田」4選!おすすめの飲み方も紹介

天山酒造 焼酎 七田 吟醸酒粕焼酎 720ml/1800ml

[720ml]


[1800ml]


【商品紹介】
この天山酒造の造る焼酎「七田 吟醸酒粕焼酎」は、清酒造りに使われる大吟醸酒粕と純米吟醸酒粕を再発酵して造られています。
まさに清酒と焼酎の中間的な存在で、クリアで、やわらかな味わいです。
ストレート、ロック、水割りで飲むのがおすすめです。

天山酒造 焼酎 七田 純米焼酎 720ml/1800ml

[720ml]


[1800ml]


【商品紹介】
この天山酒造の造る焼酎「七田 純米焼酎」は、清酒造りに使用される黄麹と吟醸酵母を使用して造られる純米焼酎です。
焼酎ならではのクセが少なく、甘い味わい、フルーティーな香りを持っているので女性や焼酎を普段飲まない方にもおすすめです。
水割りや、オンザロックで飲むのがおすすめです。

天山酒造 焼酎 七田 麦焼酎 720ml/1800ml

[720ml]


[1800ml]


【商品紹介】
この天山酒造の造る焼酎「七田 麦焼酎」は、黄麹、常圧蒸留で造られる非常に珍しい麦焼酎です。
約1年タンクで熟成させたおり、トロリとした口当たり、麦の香ばしい香り、どろりとした味わいが特徴の飲みごたえのある銘酒です。
ストレート、ロック、水割り、お湯割り、お好きな飲み方でどうぞ!

天山酒造 焼酎 七田 初涙 500ml 【化粧箱付き】


【商品紹介】
この天山酒造の造る焼酎「七田 初涙」は、数量限定で造られる非常に貴重な純米焼酎なので、プレゼントにすると最適でしょう。
「七田 純米焼酎」の初留取りで、華やかな吟醸香、米ならではの甘みが特徴です。
冷やしてストレートで飲むか、ロック、水割りで飲むのがおすすめです。

まとめ

この記事では、焼酎「七田」シリーズ、「七田」を造る天山酒造紹介について紹介しました。
日本酒を主に製造している天山酒造ですが、天山酒造が造る焼酎「七田」シリーズも銘作揃いです!!
特に「七田 純米焼酎」は女性や焼酎が苦手な方にも美味しく飲んでいただける焼酎なので、ぜひ一度飲んでみて下さいね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
焼酎
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました