ストロング系缶チューハイはやばくて危険って本当?人気おすすめ9選!

この記事では、近年人気急上昇中の、「ストロング系缶チューハイ」について人気おすすめ9選をランキング形式で紹介し、またストロング系チューハイはやばい!危険!といわれている噂は本当なのか、その真相についてもお伝えしたいと思います!

ストロング系缶チューハイとは?


最近よく聞くようになった「ストロング系缶チューハイ」という言葉。
果たしてストロング系缶チューハイとはどんなチューハイのことを指しているのでしょうか?
明確な定義があるわけではありませんが、ストロング系缶チューハイとは、アルコール度数が7%以上のものを指すことが多いようです。
中には、9%〜12%という極めて高いアルコール度数を持つ缶チューハイも…!
近年の「ストロング系缶チューハイ」のブームを受けて、今では多くのメーカーからアルコール度数が高い缶チューハイが販売されています。

ストロング系缶チューハイの魅力

コスパよく酔える!


ストロング系缶チューハイの最大の魅力は何と言っても、「コスパの良さ」でしょう。
もう少し詳しく説明すると、「安い価格で、気持ちよく酔える」ということです。
通常の缶ビールだとアルコール度数は4~5.5%、缶チューハイだと3%〜5%ですが、先ほど紹介したように、ストロング系缶チューハイだとアルコール度数が9%〜12%のものもあり、これはワインや、割られた焼酎とほぼ同等のアルコール度数になります。
確かに、普通の缶チューハイやワイン、焼酎と比べると「安く、効率よく酔うことができるお酒」と言えそうです。

手軽に飲むことができる!

そんなストロング系缶チューハイですが、もう一つの魅力は「手軽に飲むことができる」ということです。
先ほどの「コスパよく酔える」にも近いですが、「お酒を飲みたいな〜」と思ってもワインや焼酎を家で飲むと残ってしまうこともあります。
その一方で、ストロング系缶チューハイであれば量も多くなく、飲みきりなのでその心配はありません!

-196℃製法で素材の美味しさをまるごと味わえる!

ストロングゼロの美味しさの理由、それは他にはない圧倒的な果実感。
-196℃という超低温で果実をまるごと瞬間凍結させてパウダー状に粉砕することで、素材そのままの味わいをお酒にします。
その結果、果実をそのまま飲んでいるかのようなガツンとした味わいになるのです。

飲み過ぎると危険!?

そんな魅力溢れるストロング系缶チューハイですが、アルコール度数が高い分、飲みすぎるとやばいです!笑

アルコール量がテキーラの〇〇倍!?

テキーラ
実は、ストロング系缶チューハイ(500mlを一本)のアルコール量はテキーラのショット約4杯分に相当すると言われています。
テキーラといえば、アルコール度数が約40度の非常に強いお酒で、飲みすぎると非常に危険なお酒なのは皆さんも知るところですね!

アルコール依存症の危険も…

アルコール依存症
もう一つ、これも事実として、ストロング系缶チューハイによってアルコール依存症になる人が多くなっているという、専門医からの声もあります。
コスパも良く、手軽に購入できる、そのうえ美味しいと三拍子揃ったストロング系缶チューハイですが飲み過ぎは厳禁です!

アルコール度数が高いストロング系缶チューハイ人気おすすめ9選【ランキング形式】

【9位】-196℃ストロングゼロ ドライ


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーサントリー
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
ウォッカやラムなどのリキュールをバランスよく使用して造られた一本です。
甘さを控えめにすることで、スッキリとした味わい、抜群のキレを実現しています!
ストロング系缶チューハイはほとんどが果実味のあるものばかりなので、甘いお酒が苦手だと言う方にはおすすめです!

【8位】キリンビターズ 皮ごと搾りレモンライム


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーキリンビール
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
「ビターズ」と言う名前通り、柑橘類の果皮、ビターリキュールを使うことで、素材そのもののほろ苦さを追求した缶チューハイです。
甘いものが苦手な方には特におすすめな、大人の味わいです!

【7位】もぎたて まるごと搾りシークァーサー


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーアサヒビール
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
シークァーサー果汁を使用した、ストロング系缶チューハイでは珍しい一本です。
高アルコールながら、爽やかでスッキリとした風味を持っているのが特徴的です!
他の缶チューハイだと甘すぎたり、苦く感じてしまうと言う方には特におすすめな一本です!

【6位】-196℃ストロングゼロ ダブルレモン


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーサントリー
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
ガツンとした飲みごたえが特徴的な「ストロングゼロシリーズ」のレモンです。
レモンの風味をしっかり残し、甘すぎない味わいは、食事中のお酒としてもぴったりです!
まさに「コスパよく酔えるお酒」です!

【5位】もぎたて まるごと搾りぶどう


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーアサヒビール
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
ストロング系缶チューハイでは珍しい「ぶどう」を使った一本です。
ぶどうならではの豊かな香り、甘さを楽しむことができます!
甘いお酒が好きな方には、特におすすめなストロング系缶チューハイです!

【4位】氷結ストロング グレープフルーツ


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーキリンビール
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
果実の味を大切にしながらも、しっかりとした飲みごたえを追求したバランスの良い味わいを持つストロング系缶チューハイが、「氷結ストロング」です。
この商品は、ホワイトとルビー二種のグレープフルーツを使用しており、甘酸っぱい果実味溢れる味わいが特徴的です!

【3位】キリン・ザ・ストロング ハードラムネ


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーキリンビール
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
缶チューハイの中でも非常に珍しい「ラムネ」の味わいを持つ一本です。
期間限定品ですが、その美味しさは間違いなし!
高アルコールとしっかりとした炭酸がグッとくる飲みごたえを作っています!

【2位】キリン・ザ・ストロング ハードレモン


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーキリンビール
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
しっかりとした飲みごたえ、飲んだ後のキレの良さや爽快感を追求した一本です。
「暑い日など、喉がカラカラの時こそゴクゴク飲みたい」、そんなお酒です!
甘すぎるお酒が苦手な方にもおすすめです!

【1位】氷結ストロング レモン


  • タイプストロング系缶チューハイ
  • メーカーキリンビール
  • アルコール度数9%

【商品紹介】
ストロング系缶チューハイの金字塔とも言える「氷結ストロング」の、一番人気とも言える一本がこのレモンです。
みずみずしい果実感が特徴的で、高アルコールでありながらも飲みやすい味わいを持っています!
ストロング系缶チューハイでどれにしようか迷ったら、まずはこれがおすすめです!

糖質が気になる方に!ストロングゼロのおすすめ商品もご紹介!

糖質が気になるという方にもおすすめのストロング系チューハイがあります。
「ストロングゼロ」について人気の理由や定番ラインアップを紹介!
日ごろから愛飲している方も、そうでない方もストロングゼロの魅力を今一度確かめてみてください!

強いけど糖質ゼロ!?アルコール度数9%のストロング系缶チューハイ

ストロングゼロの最大の特徴は糖質ゼロなのに缶チューハイとしては高めの9%というアルコール度数。
しっかりとした飲みごたえがあるので、ほかの甘い缶チューハイでは物足りないという人にとてもおすすめ。
また糖質を気にせずに飲めるのも嬉しいポイントです。

口当たりがよくキレが良いため、アルコール感をあまり感じさせず、高い度数ながら非常に飲みやすい点も魅力。
注意しないとついつい飲みすぎてしまいそうな程です。

ストロングゼロの人気おすすめ商品

ダブルレモン


【商品紹介】
缶チューハイの定番フレーバーと言えばレモン。

さっぱりとして飲みやすいです。
どの味から飲めばいいか分からない場合はとりあえずレモンから飲んでみることをおすすめします。

ダブルグレープフルーツ


【商品紹介】
レモン同様さっぱりしていて飲みやすいです。
グレープフルーツはジューシーで、あまりアルコール感がないので他のフレーバーよりも飲みやすいのが特徴。

ダブルシークヮーサー


【商品紹介】
コアなファンが多いのがシークヮーサー。
他のフレーバーとの違いは泡盛を使用していて、独特の風味をうまくまとめ上げています。
軽い気持ちで飲んだらドハマりしてしまうかも……?

トリプルピーチ


【商品紹介】
他の桃味の缶チューハイと違い、ストロングゼロの桃ダブルは桃のドロッとした甘さがなくて非常に飲みやすいのが特徴。
ただ甘いだけでなくしっかりしたお酒の飲みごたえが欲しい方におすすめです。

ダブル完熟梅

【商品紹介】
後味のさっぱりした梅酒のような味わいです。
アレンジでつぶした梅を入れるとまた違う味になります。
梅酒好きの方や女性にもおすすめ。

葡萄ダブル

【商品紹介】
果汁感が強いのに甘さは控えめですっきりしているので食事と一緒に飲むならブドウがおすすめ。
他のジュースのような甘い缶チューハイと違い、はっきりしたブドウ感を残したまますっきり飲めるのが特徴です。

ビターレモン

【商品紹介】
レモンでは甘すぎ。かといってドライな味わいを求めているわけでもない。
そんな方におすすめなのがビターレモンです。

通常のレモンよりもはっきりとした大人な苦みが食欲をそそります。

ビターライム

【商品紹介】
ライムの苦さが強く出ていて、ほどよい甘さを残した商品。
柑橘系の皮の独特なえぐみはあまり感じられず、飲みやすいです。
癖になるようなほろ苦さを楽しみたい方に。

ビターオレンジ

【商品紹介】
オレンジのしっかりした果汁感にオレンジピールの上品な苦みがマッチ。
パッケージには”甘くない”とありますが程よく甘味が残っているので、ビターだけど苦くなりすぎないのが特徴。

まとめ

この記事では、ストロング系缶チューハイについて人気おすすめ9選とその味わい、豆知識などを紹介しました!
美味しいですが、その裏には高アルコール度数という罠もあるので、くれぐれも飲み過ぎだけには注意して楽しんで下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
その他
ノンべ管理人をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました