【本格米焼酎】「遊木」はどんな焼酎?高田酒造場のおすすめ焼酎5選

この記事では、米焼酎を代表する銘酒である「遊木(ゆき)」についてと、「遊木」を造る高田酒造場、高田酒造場のおすすめ焼酎5選を紹介します。
米焼酎好きを魅了する「遊木(ゆき)」とはどんな焼酎なのかを知って、ぜひあなたの好きな米焼酎リストに仲間入りさせてください!!

「遊木」とはどんな焼酎か

「遊木」と書いて「ゆき」と読みます。
そんな本格米焼酎「遊木」の特徴は、長期間熟成させていることです。
「遊木」は、ホワイトオーク樽・リムザンオーク樽・コニャック樽・シェリー樽・スコッチ樽といったウィスキーなどを造る際に使用される5種類の樽を使って長期熟成し、職人の手によって絶妙にブレンドされて造られています。
そうして造られた「遊木」はまるでブランデーのような香り、熟成感をしっかりと感じさせるコクを持っています。
職人の手によって造られる非常に贅沢な米焼酎、それが「遊木」なのです。

高田酒造場について

「遊木」を造る酒造場はどこ?

米焼酎好きから愛される焼酎「遊木(ゆき)」を造っているのは、焼酎の名産地である熊本県に酒蔵を構える高田酒造場です。
高田酒造場は明治35年に創業をし、平成15年には創業100年目を迎えた歴史ある酒造場で、当主には「又助」の名が受け継がれ続けています。

高田酒造場のこだわり

そんな高田酒造場の焼酎造りのこだわりは、なんといっても上質な原料です。
焼酎造りには、水・米は欠かせません。
高田酒造場は、熊本県最大の川である球磨川を水源とするアポロ峠から湧き出る地下水を往復2時間半もかけて汲みに行き、使用しているのです。
また、米は全て地元産のものを使用しています。各銘柄に合わせて無農薬の米を使用しています。
長い歴史を持ち、原料にこだわる高田酒造場が造る焼酎は、どれも美味しく多くの方から愛されています。

高田酒造場のおすすめ焼酎5選【遊木も紹介】

高田酒造場 米焼酎 遊木(ゆき) 長期熟成 本格焼酎 720ml/1800ml

[720ml]

[1800ml]

【商品紹介】
高田酒造場が造る焼酎「遊木(ゆき)」は、長期熟成させた本格米焼酎です。
5つの樽を使用し、原酒を長期熟成、ブレンドした「遊木(ゆき)」は、風味が豊かな逸品で、ブランデーのような香り、甘さの中にしっかりとしたコクを持っています。

高田酒造場 米焼酎 逸蔵逸品 高田 減圧25度 1800ml


出典:item.rakuten.co.jp
楽天市場で詳細を見る

【商品紹介】
高田酒造場が造る「逸蔵逸品 高田(減圧)」は酒造好適米「山田錦」を使用した本格米焼酎です。
「逸蔵逸品 高田(減圧)」は、創業当時から受け継がれているカメで仕込まれており、華やかな香り、しっかりとした米の旨みを楽しむことができます。

高田酒造場 米焼酎 山ほたる 本格米焼酎 720ml/1800ml

[720ml]

[1800ml]

【商品紹介】
高田酒造場が造る「山ほたる 本格米焼酎」は、酒造好適米「山田錦」を使用した限定品の本格米焼酎です。
海抜1000mの山奥に湧く岩清水を使用しており、吟醸香を持っているのが特徴です。
高田酒造場イチオシの人気商品です。

高田酒造場 米焼酎 球磨焼酎 旬(しゅん) 1800ml

【商品紹介】
高田酒造場が造る「球磨焼酎 旬(しゅん)」は、地元のあさぎり町で収穫された新米を使用して造られる米焼酎です。
熊本国税局酒類鑑評会で一位に輝いたほどの銘酒で、高田酒造場のロングセラー商品となっています。
ストレート、ロックで飲むのがおすすめです。

高田酒造場 米焼酎 Oak Road(オークロード) 720ml

【商品紹介】
高田酒造場が造る「Oak Road(オークロード)」は、ホワイトオーク樽・リムザンオーク樽・コニャック樽・シェリー樽・スコッチ樽といったウィスキーなどを造る際に使用される5種類の樽を使って長期熟成した球磨焼酎です。
琥珀色をしており、最高級ブランデーに優るとも劣らない香りを持っています。
高級な球磨焼酎で、プレゼントにおすすめです!

まとめ

この記事では高田酒造場が造る米焼酎「遊木(ゆき)」と、高田酒造場、高田酒造場が造るおすすめ焼酎について紹介しました。
本格米焼酎「遊木(ゆき)」はもちろん、少数生産を守る高田酒造場の造る米焼酎は、どれも贅沢で上質な焼酎なのでぜひ一度は飲んでみることをおすすめします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
焼酎
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました