【原料と製造過程によるウイスキーの種類】分かりやすく基本のみ解説!

この記事では、原料と製造過程で異なるウイスキーの種類について解説していきます。
少し複雑な話になりますが、これを知っているとウイスキーを選ぶのがとても楽しくなります。
ウイスキー好きの方はもちろん、これから挑戦しようと思っている方はこの記事を参考にあなたにぴったりなウイスキーを見つけてくださいね。

ウイスキーとは穀物を原料としたお酒

ウイスキー瓶とグラス
ウイスキーの原料は「穀物」です。
ですが、「穀物」といっても、使われるものはたくさんあります。
原料で使用されるもののうち、最もポピュラーなものはモルト(大麦麦芽)、その他にライ麦やとうもろこし、小麦などもウイスキーの原料としてよく使用されます。

原料が変わるとウイスキーの名称も変わり、ウイスキーどうしを混ぜることでまた名称が変わったりと少しややこしいのですが、詳しくはまた後ほど紹介するので、まずは「ウイスキーとは穀物を原料としたお酒」ということだけ覚えておきましょう。

ウイスキーの定義

さて、ここで「そもそもウイスキーの定義とは?」ということについても触れておきたいと思います。

ウイスキーの定義とは各国により多少変わるのですが、共通して言えることとして、以下の2つがあります。
①穀類、水を原料として造ること。
②穀類を糖化、発酵、蒸留させること。
③樽で熟成すること(日本では定義されていない)

ウイスキーの原料は穀物なのですが、単に穀物を原料としてお酒を造るだけではウイスキーとは名乗れないということも覚えておきましょうね!

原料に果実を使用すると?

ちなみに、上の定義の②③を満たし、原料を果実とするとそのお酒はブランデーとなります。
ウイスキーとブランデーの違いとしてぜひ覚えておいて下さいね!

原料の違いによるウイスキーの種類

さて、ここからは詳しく「原料とウイスキーの種類」について見ていきましょう。

原料にモルト(大麦麦芽)を使用したウイスキー


原料にモルト(大麦麦芽)のみを使用したウイスキーは、「モルトウイスキー」と言われます。
そのままの名前なのでこれは覚えやすいですね!
モルトウイスキーの中にも、さらに「シングルモルトウイスキー」と呼ばれるものがありますが、これは後ほど紹介します。

原料にライ麦を使用したウイスキー

原料にライ麦を使用したウイスキーは、「ライウイスキー」と言われます。
他のウイスキーと比べると、スパイシーで苦みのあるウイスキーであり、ややクセのある風味なのが特徴的なウイスキーです。

原料にとうもろこしを使用したウイスキー

原料にとうもろこしを主として使用したウイスキーの場合、2つの種類に分かれます。
細かい定義はあるのですが、ここでは原料だけに注目して分けてみましょう。

原料におけるとうもろこしの使用比率が51%以上の場合は、「バーボンウイスキー(俗に言われるバーボン)」と言われます。
その一方で、さらに多くのとうもろこし(使用比率が80%以上)の場合は、コーンウイスキーと言われます。

様々な穀物を使用したウイスキー

では、原料に大麦や小麦、ライ麦など複数もの穀物を使用したらどうなるのでしょうか?
そういったウイスキーは「グレーンウイスキー」と言われます。
ちなみに、グレーンとは穀類のこと意味しています。

一般的に飲むウイスキーは混ぜられている

さて、ここから製造過程による変わるウイスキーの分類を解説していきますが、その前に皆さんに知っておいてほしいことがあります。
それは、皆さが普段飲んでいるほとんどのウイスキーは「複数の樽のウイスキーが混ぜて造られている」ということです。

例えば、日本酒や焼酎などは1つの樽で熟成させたものをそのまま瓶詰めします。
ですが、一般的にウイスキーは1つの樽で熟成させたものをそのまま瓶に詰めることはありません。
それぞれの樽で熟成させた複数のウイスキーを混ぜて瓶詰めするのです。
ここから先は、これを念頭においた上で読み進めると分かりやすいはずです。

製造過程により変わるウイスキーの分類

ウイスキーの名前が変わるのは原料の違いによるものだけではありません。
発売されるまでにどのような製造過程を経たかでも名称が変わります。

ブレンデッドウイスキー

原料にモルト(大麦)を使用した「モルトウイスキー」に、複数の原料を混ぜて造ったウイスキー「グレーンウイスキー」をブレンドすると「ブレンデッドウイスキー」という名前に変わります。
ブレンドすることで飲みやすくなり、実は世の中に出回っているほとんどのウイスキーがこのブレンデッドウイスキーに分類されます。

シングルモルトウイスキー

次に、「シングルモルトウイスキー」についてです。
これは”モルトウイスキー”という名前がついているように、原料には「モルト(大麦)」が使用されています。

このモルトウイスキーのうち1つの蒸留所で造られたモルトウイスキー同士を混ぜて造られたものが「シングルモルトウイスキー」です。
一方で、異なる蒸留所のモルトウイスキーを混ぜると「ブレンデッドモルトウイスキー」と言われます。

まとめ

少し複雑になってしまいましたが、これがウイスキーの原料と製造過程によるウイスキーの違いです。
ウイスキーの種類と違いを知ることでさらにウイスキーを選ぶのが楽しくなること間違いなしです!
ぜひ、この機会に覚えてみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ウイスキー
ノンべ管理人をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました