【女性や焼酎初心者におすすめ!】知る人知る「白霧島」を徹底解説!

焼酎好きがおすすめする芋焼酎の定番と言ったら「白霧島」です。
なぜこれほどまでに「白霧島」が人気なのか?今回は原点に立ち返り、この芋焼酎の魅力をを改めて解説していきます!
プレゼントに「白霧島」を買おうと思っている方や、初心者は必見です!

「白霧島」を造る霧島酒造とは?


霧島酒造(きりしましゅぞう)は、宮崎県都城市に本社及び工場を置く、日本の酒造会社です。
霧島という名前は宮崎と鹿児島の県境にある霧島山から名付けられました。
1916年5月(大正5年5月)に創業者の江夏吉助が本格焼酎の製造を開始したのが「霧島酒造」の始まりとなります。
2012年には、日本全国の焼酎の売り上げが1位となり、今では国内トップクラスの焼酎メーカーです。

白霧島はどんな焼酎?

芋焼酎好きには定番の「白霧島」

「白霧島」を造る酒造である霧島酒造の、看板商品である「黒霧島」は日本全国どこの居酒屋にいっても絶対といっていいほどある焼酎です。
一方で、「白霧島」>は、まだそこまで知名度がないのも事実です。
九州ではよく知られていますが、全国的に見ると、「知る人ぞ知る芋焼酎」といった感じです。

他の霧島シリーズとの比較

分かりやすく、他の「霧島シリーズ」と比較すると、

トロッとキリッとは、「濃厚な黒霧島
どしっと ほわんとは、「軽くてさっぱり白霧島
上品にするっとは、「甘くてスッキリ赤霧島

と言った感じです。
「白霧島」は非常に飲みやすく、女性や、焼酎初心者に特におすすめしたい焼酎ですのでちょっとしたプレゼントにもぴったりです!

「白霧島」の味わい

黒霧島と比較すると、白霧島の方が「甘み」が抑えられています。
また、芋焼酎独特の、重たい香りと風味が弱めで非常に飲みやすい仕上がりです。
他の芋焼酎と比べると、芋焼酎のクセっぽい感じが極力排除されており、スッキリとしていて、非常に飲みやすい部類の芋焼酎といえます。

「白霧島」を買う



【商品紹介】
霧島酒造が造る銘焼酎、「白霧島」です。
芋焼酎独特の、香りや味わいが抑えられており、初めて芋焼酎を飲むという方や、女性にも特におすすめできる商品です。
価格も安いため、普段のみの焼酎としても大活躍です。

他の霧島シリーズと飲み比べてみる

「白霧島」だけでなく、他の霧島シリーズも多くの焼酎好きから愛される銘酒です。
ぜひ一度飲み比べてみてはいかがでしょうか?

番外編!こんなプレミア焼酎も!茜霧島とは?


茜霧島は、霧島酒造が年に一度出荷しているプレミア焼酎です。
芋焼酎独特のガツンとした感じはありませんが、芋臭さもなく霧島シリーズで一番フルーティーなお酒です。
それゆえソーダ割にしても香りが飛ぶことなく非常に美味しく頂けます。
茜霧島の名前の由来は「タマアカネ」というさつま芋を原料としているところから来ています。
ネットであれば一年中購入できますが、プレミア価格がついていることもあります。

まとめ

この記事では、焼酎「白霧島」を徹底的に紹介しました。
「白霧島」は非常に飲みやすい、プレゼントなんかにも最適な焼酎です!
ぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
焼酎
のんべ編集者1をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました