家で居酒屋の味を再現!お酒の人気おすすめな作り方や割り方を徹底解説!

この記事では、「家でもできる簡単なお酒の作り方や割り方」を紹介します!
「居酒屋の味を自宅で再現したい!」そう思っている方は必見です!
ぜひ、この記事を参考に、自宅で作ってみて下さいね!

炭酸好き必見!サワーを使った人気おすすめなお酒の作り方10選

カルピスサワーの作り方

  • 焼酎60cc
  • 炭酸
  • カルピス45㏄

【お酒の特徴とポイント!】
女性にも大人気カルピスサワー!
まずは、グラスに氷を入れて、そのあと焼酎を60ccを入れてから、炭酸をグラスに注ぎます。
カルピスを最後に45ccを入れてかき混ぜます。

梅酒サワーの作り方

  • 炭酸
  • 梅酒60㏄

【お酒の特徴とポイント!】
梅酒好きなら誰もが頼む梅酒サワー!
まずはグラスに氷と炭酸を入れて、その上から梅酒を60ccいれます。
かき混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので、一回だけ混ぜるのがポイントです!

梅干しサワーの作り方

  • 焼酎45cc+炭酸
  • 梅干し2個

【お酒の特徴とポイント!】
梅好き必見!梅干しサワー!
梅干しの種を抜きを2個用意しておきます。
グラスに氷と焼酎と炭酸と梅干しを2個入れて、炭酸が抜けないように一回だけかき混ぜたら完成です!

巨峰サワーの作り方

  • 焼酎45cc+炭酸
  • 巨峰シロップ30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
女性に大人気の巨峰サワー!
グラスに氷と焼酎45cc+炭酸を入れて最後に巨峰シロップ30ccを入れます。
※巨峰シロップは重さの関係で沈んでいくので最後に入れましょう!
お好みで、本物の巨峰を入れると、甘みがましてアクセントになりますよ!

巨峰カルピスサワーの作り方

  • 焼酎45cc+炭酸
  • 巨峰シロップ15㏄
  • カルピス30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
巨峰サワーにアレンジを加えた巨峰カルピスサワー!
グラスに氷と焼酎45cc+炭酸を入れて最後に巨峰シロップ15cc+カルピス+30ccを入れます。
カルピスや巨峰シロップのような液体は重さで沈んでいくので最後に入れましょう!

青りんごサワーの作り方

  • 焼酎45cc+炭酸
  • 青りんごシロップ30cc

【お酒の特徴とポイント!】
りんご好きにはたまらない青リンゴサワー!
グラスに氷と焼酎45cc+炭酸を入れて最後に青リンゴシロップ30ccを入れます。
青リンゴシロップは重さで沈んでいくので最後に入れましょう!

ピーチサワーの作り方

  • 炭酸
  • ピーチリキュール30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
桃好きにはたまらないピーチサワー!
グラスに氷と焼酎45cc+炭酸を入れて最後にピーチシロップ30ccを入れます。
ピーチシロップは重さで沈んでいくので最後に入れましょう!

生レモンサワーの作り方

  • 焼酎45cc+炭酸
  • 1/2カットレモン

【お酒の特徴とポイント!】
まずは、レモンを半分に切り、1/2にしたレモンをスクイザー(絞る道具)で絞ります。
グラスに氷と焼酎45cc+炭酸を入れて、最後に絞ったレモン汁を入れたら完成です!
レモンの果汁が足りない場合はもう半分も絞ってお好みの濃ゆさの生レモンサワーにしましょう!

生グレープフルーツサワーの作り方

  • 焼酎45cc+炭酸
  • 1/2カットグレープフルーツ

【お酒の特徴とポイント!】
まずは、グレープフルーツを半分に切り、1/2グレープフルーツをスクイザー(絞る道具)で絞ります。
グラスに氷と焼酎45cc+炭酸を入れて、最後に絞ったグレープフルーツ汁を入れたら完成です!
グレープフルーツの果汁が足りない場合はもう半分も絞ってお好みの生グレープフルーツサワーにしましょう!

カシスソーダの作り方

  • 炭酸
  • カシス30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷と炭酸水を入れ、後からカシスを30cc入れたら完成です!
簡単ですね!
※カシスは重さがあるので沈んでしまうため、後から入れて沈んでいくうちにかき混ぜるのがおすすめです。

女性に人気でおすすめなカクテルの作り方10選

カシスオレンジの作り方

  • オレンジジュース
  • カシス30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷とオレンジジュースを入れます。
その後にカシスを30cc入れたら完成です!
※カシスは重さがあるので沈んでしまうため、後から入れて沈んでいくうちにかき混ぜるのがおすすめです。

ピーチウーロンの作り方

  • ウーロン茶
  • ピーチリキュール30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
炭酸が苦手な方必見のカクテルピーチウーロンです!
グラスに氷とウーロン茶を入れて最後にピーチリキュールを30cc入れます。
下にピーチリキュールがたまらないようにしっかりとかき混ぜたら完成です!

カシスグレープフルーツの作り方

  • グレープフルーツジュース
  • カシス30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷とグレープフルーツジュースを入れます。
その後にカシスを30cc入れて完成です!
※カシスは重さがあるので沈んでしまうため、後から入れて沈んでいくうちにかき混ぜるのがおすすめです。

カシスウーロンの作り方

  • ウーロン茶
  • カシス30㏄

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷とウーロン茶を入れます。
その後にカシスを30cc入れて完成です!
※カシスは重さがあるので沈んでしまうため、後から入れて沈んでいくうちにかき混ぜるのがおすすめです。

スクリュードライバーの作り方

  • ウォッカ15㏄
  • オレンジジュース

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷とオレンジジュースを入れます。
その後にウォッカを15cc入れて完成です!
※ウォッカは重さがあるので沈んでしまうため、後から入れて沈んでいくうちにかき混ぜるのがおすすめです。

シャンディガフの作り方

  • グラスに対してビール半分
  • グラスに対して半分にジンジャーエールジュース

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに対してまずはビールを半分注ぎます。
その後にジンジャーエールを半分注いで完成です!
本来のビールより甘い飲み口になるので、苦味が得意じゃないといった女性にもおすすめです!

ファジーネーブルの作り方

  • オレンジジュース
  • ピーチリキュール30cc

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷とオレンジジュースを入れます。
その後にピーチリキュールを30cc入れて完成です!
※ピーチリキュールは重さがあるので沈んでしまうため、後から入れて沈んでいくうちにかき混ぜるのがおすすめです。

ジントニックの作り方

  • トニックウォ―ター
  • GIN(ジン)15㏄

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷とGIN(ジン)15ccを入れます。
その後にトニックウォーターを注いで完成です!
最後にお好みでライムスライスを入れたり、飾ったりしたらより高級な雰囲気や味が再現できますよ!

ウーロンハイの作り方

  • ウーロン茶
  • 焼酎60㏄

【お酒の特徴とポイント!】
ウーロン茶好きにはたまらないカクテルがウーロンハイです!
グラスに氷とウーロン茶を入れ、後から焼酎を60cc入れてかき混ぜたら完成です!
家にあるもので簡単にできるカクテルです!

緑茶ハイの作り方

  • 緑茶
  • 焼酎60㏄

【お酒の特徴とポイント!】
緑茶好きにはたまらないカクテルが緑茶ハイです!
グラスに氷とウーロン茶を入れ、後から焼酎を60cc入れてかき混ぜたら完成です!
家にあるもので簡単にできるカクテルです!

定番!焼酎の定番の割り方4選

焼酎ロックの作り方

  • 銘柄焼酎60㏄

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷とお好きな銘柄の焼酎を入れたら完成です。
焼酎ロックは、その銘柄の風味を損なうことなく楽しめるので、焼酎好きにはたまらないですね!

焼酎の水割りの作り方

  • 銘柄焼酎60㏄

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷と焼酎を60cc入れて、その後に水を入れます。
入れる順番は鉄則です!
水の量は飲みながら自分の好みの適量を見つけましょう!

焼酎のお湯割りの作り方

  • 銘柄焼酎60㏄
  • お湯

【お酒の特徴とポイント!】
冬にはもってこいの焼酎の割り方がお湯割です。
焼酎60ccに対し、お湯を足してかき混ぜます。
順番は、お湯を入れてから焼酎を注ぐのが鉄則です!
風味がグワッと広がるので焼酎好きにはたまらないですね。

焼酎のストレート割の作り方

  • 銘柄焼酎60㏄

【お酒の特徴とポイント!】
焼酎の味を舌で感じたい方におすすめです!
銘柄焼酎60ccをそのままグラスに入れて完成です。

脂肪を気にしている方は必見!ハイボールの作り方

角ハイSの作り方

  • 角30cc
  • 炭酸

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷と炭酸を入れて最後に角を30cc入れます。
炭酸が抜けてしまわないように、1回だけ優しくかき混ぜます。
お好みでレモンを絞って入れれば、爽やかな味わいに変わります!

角ハイWの作り方

  • 角45cc
  • 炭酸水

【お酒の特徴とポイント!】
グラスに氷と炭酸を入れて最後に角を45cc入れます。
炭酸が抜けてしまわないように、1回だけ優しくかき混ぜます。
お好みでレモンを絞って入れれば、爽やかな味わいに変わります!

まとめ

この記事では、簡単に居酒屋の味を再現することができるサワーやカクテル、焼酎の割り方など様々なお酒の作り方を解説しました!
リキュールや割り材さえあれば、自宅できるので是非試してみてください!
自分の好みの割合に変えてみたり、オリジナルカクテルを作ってみるのもおすすめです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
その他
ノンべ管理人をフォローする
NONBE~ノンべ~
タイトルとURLをコピーしました